真・鳥兜菱ノ介の憂鬱録

ロボット戦記「大和鋼鉄戦記」追加しました

【  2009年09月  】 更新履歴

◆2009年08月     ◆2009年09月       ◆2009年10月

スポンサーサイト

--.--.--【 スポンサー広告

 全文を読む


第1話「我、嘆息ス」

2009.09.10【 大和鋼鉄戦記

  大和と呼ばれる小国家があった。近年急激に国民の生活水準、科学技術、政治経済、全てが急成長した、新興国である。大和は海に囲まれた島国ではあるが、海底に豊富な資源・・・エーテルと呼ばれるエネルギーが大量に埋蔵されているのを発見して以来、破竹の勢いで発展した。 之に対し反感を覚えたのは周辺国家である。大和に最も近い大陸、ヨルムンガルド大陸南側に覇を唱える強国、USC(セントラル合衆国)と北側を支配する...全文を読む


第8話「解説とあとがき」

2009.09.08【 MD解説とあとがき

 第8話、書き始めるきっかけになったのは葉子さんの座敷牢というものに対する熱意でした。私の場合、座敷牢と聞くと高杉晋作を思い出します。どうみてもるろうに剣心の影響です。本当に(ryどうも幕末の主役は維新志士になりがちなので(新撰組は別として)、志士に注目すると必ず脱藩→座敷牢という構図になってしまいます。ほんの少し前は隣の県に行くことでさえも困難だったと考えると(流通関連はあったと思います。非常に浅...全文を読む


第8話「二人の男と二人の少女」

2009.09.04【 MD SHAMMER

 第8話「二人の男と二人の少女」地下牢、といえば聞こえは悪いが、それにどう考えても近い場所だった。「準助司祭、ここでよろしいでしょうか」兵士が恭しく、少年を案内する。「ここで、おとなしくしてもらえる?」少年が青年を牢へ促す。その部屋は半地下になっており、陽光が差し込んでいる。それだけで少なくとも今が夜ではないことだけはわかる。「いいのか?囚人にそんな口調で。少なくとも身分だって・・・」「命の恩人」「...全文を読む


◆2009年08月     ◆2009年09月       ◆2009年10月

Menu

このブログについて

このブログは私、鳥兜菱ノ介のブログです。 始めていらっしゃった方は こちら へどうぞ

プロフィール

鳥兜菱ノ介

Author:鳥兜菱ノ介
英語にすれば、誰かは一目瞭然。

MHFではライトボウガン、メガテンIMAGINEでは散弾銃に対して憂鬱する男です。

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

最新記事

DJブース

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。